1. HOME
  2. ブログ
  3. スタジオNOWにマギさんが掲載されました。

スタジオNOWにマギさんが掲載されました。

【Just enjoy my life】
世の中のママたちが直面する子供を育てながら働くというワークバランス。
忙しなく働くのではなく、ゆっくりとしたペースで働くということ。

写真業界の専門誌といえば、スタジオNOW。
全国のスタジオやフォトグラファーが定期購読する業界を代表する雑誌。
そんなスタジオNOWに、世界屈指のニューボーンフォトグラファーであるマギさんが取材を受けました。

写真業界紙「スタジオNOW」にマギさんと、A_Creation有賀氏の対談が掲載。
実際に3人のお子さんのママであるマギさんのニューボーンフォトグラファーとしての想い、ママとの両立をしながらの働き方、情熱が全て語られています。

昨今、とても増えてきているニューボーンフォトグラファー。
実際に活動されていらっしゃる方々は、ほとんどが女性フォトグラファー。
そんな女性フォトグラファーたちが抱える悩みはやはり「ママと仕事の両立」。
また、新たにニューボーンフォトグラファーになりたい方々が感じる。ニューボーンフォトグラファーとしての技術を学び習得する場所が少ない!ということ。
実際にニューボーンフォトグラファーって、独立してやっていけるの?
どこでアイテムを仕入れるの?ネットで海外に注文してちゃんと届くの?
とても不安な気持ちで参入することをためらう方もいらっしゃるかもしれません。
もちろん、可愛いから!という気持ちだけで安易に独立し、参入することは正直おすすめ致しませんが、フリーカメラマンが個人で活躍できる数少ない業界だと私は考えます。

なぜなら、大きな資本を持ったスタジオアリスのような企業が参入するにはとても大きな障壁があるからです。

1日に何10件も撮影をこなしたい効率を求めるスタジオと、新生児を扱う上で時間が読めないニューボーンフォト。そして安全と安心が第一である上に、求められる技術も高く、多くの知識を吸収しなければなりません。

なので現在、日本で活躍するニューボーンフォトグラファーは、女性のフリーカメラマンが多く活躍する業界なのです。

つまり、女性(ママ)にとって1日1件のみ撮影するスタイルで、単価の高い撮影依頼を受けることができれば、子供たちとの時間を持ちながら活躍できるワークバランスのいい仕事ができる数少ない職業です。

そんなママの働き方。マギさんの掲載された記事をご一読ください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.