1. HOME
  2. ブログ
  3. 「PHOTO NEXT 2021」パシフィコ横浜に行ってまいりました〜っ!

「PHOTO NEXT 2021」パシフィコ横浜に行ってまいりました〜っ!

皆さま、こんにちは。
ニューボーンフォトカレッジスタッフの瀬川と申します。

当ニューボーンフォトカレッジは、ニューボーンフォトグラファーを目指す方向けのオンラインカレッジです。2021年1月に開講されたアドバンスコースでは、日本のみならず、世界中の権威あるTOPフォトグラファーより学んで頂くことができます。また4月に開講したビギナーコースでは、ニューボーンフォトの撮影に必要なポージング、レタッチ、赤ちゃんと産前産後のママのことはもちろん、開業するに当たって必要なビジネスについてなど、あらゆる知識について、学んで頂けます。

今回は少し前になりますが、6/15(火)〜16(水)にパシフィコ横浜で行われた「PHOTO NEXT2021」にプレスとしてお邪魔しましたので、その模様を一部ご紹介したいと思います。2020 年は新型コロナウイルス感染拡大に伴い、開催を中止。今年度もコロナ禍による影響を受け、展示ホールをに縮小しての開催。やはり地方からの来場者が少なく、前回比で来場者は50%強となったそうです。

実はPHOTO NEXTに行ったのは今回が初めてだったんですが、カメラメーカーさんはほとんど出展されてらっしゃらなかったこと、そしてラボや撮影機材関連商品、衣装の出展社の方が多いという印象を受けました。また、たくさんのブースでニューボーンフォトのサンプルが展示されていて、それだけニューボーンフォトの認知度が高まって来たんだということを実感しました。今回は、いくつかの出展者の方にお願いし、突然のお声がけにも関わらず快くインタビューにご協力頂くことができました。

まずはお馴染み、FUJIFILMさんにお話を伺いました。

FUJIFILMさんは銀塩写真の品質の高さを売りに、データに併せて飾れる商材などもたくさん取り揃えておられるので、まだ商品を取り扱われたことがない方は是非一度、お試し頂ければと思います。

https://sp-jp.fujifilm.com/prolab/design-album/

次にお伺いしたのは、ASUKABOOKさんです。ASUKABOOKさんと言えば、等身大アルバム。

ASUKABOOKさんと言えば、等身大アルバム。30×30×30=90cmの3面の等身大アルバム。小さなお子さんなら2歳まで作ることができるそう。商品のラインナップは、オフィシャルサイトでご確認下さい。

https://asukabook.jp/

次にお伺いしたのはPROCOLORLABさん。

コンセプトは「美しさ伝えます。」
綺麗な写真に仕上げることを最大の目標に、ネガの時代から50年以上やって来られてるPROCOLORLABさん。完成品として写真を残した時の美しさは10年、20年・・・その先も変わらず、ずっと美しいままに残して行きたいという、熱い思いを伝えて下さいました。詳しくはオフィシャルサイトをご覧下さい。

https://www.procolorlab.co.jp/

次に、KUMOSTAさんにお話をお伺いしました。

顧客情報の登録、予約管理、商品のオーダー管理、売り上げ管理ができるシステム。クラウド上に管理されてるので、自社の売上情報がいつでもどこでも見ることができる。最大の特徴はパソコン(Windows)に繋ぐことで、お客様の電話番号から着信すると、画面上に顧客情報や撮影履歴を自動で表示するCTI機能付き。お客様の家族構成やこれまでの撮影日、記録したメモなどを確認しながら通話ができ、リピーターを逃がしません。詳しくは下記のURLよりご覧下さい。

https://kumosta.com/

続きましてっ!moovin studioさんにお話を伺いました。

撮影したデータをお客さまにお渡しする際、 DVDなどの記録メディアを利用せず直接スマートフォンに納品できる、 画期的なサービス「moovin studio」ご興味のある方は是非、オフィシャルサイトをご覧下さい。

https://www.labonetwork.co.jp/solutions/moovinstudio/

さてさて。次はプロ機材ドットコムさんです。

起毛なので無駄な光を吸収、黒がよく締まります。マイクロファイバー素材なので洗えて、シワにもなりにくく、またスチームアイロンで伸ばすことも可能。他のフォトグラファーとの差別化にもオススメの背景布。

https://www.prokizai.com/

最後は主催者側として出展、でSWEET16のブースににお邪魔しました。

POPでキラキラ、この可愛いブースは一体!?日本の成人式のように、成人年齢に達したことを一斉に祝うようなイベントがないアメリカ。車社会であるアメリカでは、運転免許証を取得できる年齢が16歳のため(州ごとに免許の種類や年齢の違いはあります)16歳になったら親に送り迎えしてもらうことなく、自分で自由に運転して羽を伸ばせる!ということで、それを「両親からの自立=大人への仲間入り」と考えて16歳のお誕生日を特別に、盛大に祝うという文化があるそうです。それを日本に持ち込もう!ということで積極的に活動をしてらっしゃいます。ご興味のある方は是非、QRコードよりご覧下さい。

いかがでしたか?
今回会場に直接足を運ぶことができなかった方に、少しでも会場の雰囲気が伝わればうれしいです。また、後日当日の収録の模様もお届けできたらと思います。どうぞお楽しみに。


  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.